新宿で賃貸オフィスを行っています

苦労なく空フロアを埋められた

新宿御苑前 賃貸オフィス賃貸オフィス 賃貸事務所

そのフロアは、最初から入居している企業がいたために、特に苦労せずスタートすることができました。
その企業は、15年経った今でも入居しているので、わたしとしては不動産投資の生命線であると言えます。
その企業があるからこそ安定収入が確保できて、第2、第3の投資ができているのです。
続いて、5年後に同じビルの2階上にある1フロアを購入したのですが、購入を決めた時には6か月ほど空フロアになっていました。
それまで空フロアを扱ったことが無かったのですが、最初の投資の成功があったために冒険をしたくなったのです。
結果的に、このフロアは購入してから2か月後に新たなテナントが見つかりました。
これには理由があり、わたしが購入した不動産業者からの提案で、そのフロアの改装をしたのです。
改装には1か月半ほど時間がかかりましたが、改装中からテナントとの契約を済ませることができたので、実質的にはそれほど苦労することなく空フロアを埋めることができました。
この時の経験として、不動産業者の話はしっかりと聞くだけの価値があるのだなと思いました。

新宿の賃貸オフィスに投資しています | 苦労なく空フロアを埋められた | 良い担当者と巡り合うのが重要